税務調査
税務調査

ボタン05

税務署から電話が・・・えっどうしよう!
そんな経験ありませんか?
でも安心です!
税務調査の対応はお任せ下さい。


 そもそも税務調査とは?



税務調査には「任意調査」と「強制調査」の2種類が」あります。通常は「任意調査」となります。

任意調査とは?

 

帳簿や請求書などを調査官が「確認」する調査です。納税者に調査を「依頼」するものですが、基本的に調査そのものを断ることが出来ません。したがって、「受ける義務のある」調査ともいえますが、日程の調整は可能です。

会計事務所に最初の連絡が入る場合が多いのですが、もし税務署から直接連絡が入ったら、話を伺ってすぐに顧問税理士に連絡しましょう。

強制調査とは?

悪質な脱税に対して行われる査察による調査で、裁判所の許可状に基づく臨検・捜査・差押の権限を有します。



 いつごろ来るの?


 

国税局、税務署は、7月上旬に定例の人事異動があるため、毎年「7月から翌年6月まで」が実質的な事務年度となっています。
調査着手の連絡は、異動の終わった「7月から11月にかけて」と「3月から4月にかけて」の期間が多くなります。
 


会社に訪問しての調査は、2
日程度の日程が多いですが、その場で結論が出るわけではありません。その後、当社が顧問先の皆様の代理として、税務署へのさまざまな説明・折衝等を行っていきます。



 どんな会社に来るのですか?



一般的に、税務調査の対象になりやすい会社は下記のような会社です。

創業してから長く一度も調査が来ていない会社。
規模が大きい会社(売上・人員・設備etc・・)。
個人費用と隣接費用が大きい会社(交際費・旅費・厚生費etc・・・)。
黒字の会社(赤字であっても源泉所得税や消費税の調査はあります)。
期末近くに特別償却を計上する設備投資を行った会社。
大きな特別損失を計上した会社(役員退職金・廃棄損etc・・・)。
急成長をしている会社(活況な業種など)


 気をつけておくべき点は?



雑収入的な売上げの漏れは無いか?
親族関係者など身内への給与や家賃等の支払いは適正か?
関係会社への支払は、内容・金額など適正か?
源泉所得税の徴収は適正か?
特別な支出・損失は適正か?(固定資産の除却・貸倒れの計上・退職金の支払いetc・・・)
祝い金(誕生・結婚・出産)や永年勤続表彰等の取り扱いは適正か?
役員報酬の変更は適切に行われているか?
資本的支出と修繕費の判断基準は適正か?



税務調査の内容は会社によって千差万別です。ですが、当社の担当者が毎月訪 問することで、日頃から税務上気を付けておくべき点をお話しすることができ ます。

 

税務的な問題を事前に解決することで、しっかりとした税務判断ができ、より クリアな経営へと繋がります。そのお手伝いは当グループへお任せください!!


 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【会計】
バナー【医療】
バナー【労務】