事業M&A
事業M&A

ボタン02

M&Aとは?
事業承継の選択肢として、M&Aをサポートしています。
M&Aとは、売買ではなく、第三者への”事業の引き継ぎ”です。鞄本M&Aセンター様と協働サポートします。


事業M&A01

 

“譲った会社”のメリット


@ 従業員の雇用と技術を守る
M&Aは、雇用の維持と技術の承継を可能とします。

A 個人保証や担保の解除が可能となる
事業を受継いでもらうことにより、個人保証や担保を解除し、創業者利潤の実現も可能となる方法を模索できます.

B 採算部門を切り離し会社の発展を図る
事業の不裸算部門E切り離し.良い受継ぎ手に引継いでもらうことにより、費用負担の増大を抑えることができ、採算部門に資金や人材を集中することが可能となります。



“受継いだ会社”のメリット


@ 迅速な事業拡大
新規事業を一から立ち上げた場合と比較し、迅速な事業拡大が望めます.

A 技術・経営ノウハウ等を引継げる
引継いだ会社の無形の技術、経営ノウハウ等のみならず、新たな取引先などを引継ぐことが可能となります。

B シナジー効果を得る
シナジー効果により事業規模のメリット(ボリューム効果でのコスト削滅、人員の効率的配置など)を活用し、より高いパフオーマンスを得ることが期待できます。




日本M&Aセンターとは


事業承継の相手探しにおいて当社は日本M&Aセンターと提携しております。

鞄本M&Aセンターは、主に「中小企業の第三者承継』を中心にその『お相手探し』から『お見合い』『承継のための実務』を行う平成3年創設の東証一部上場会社です。

●『中小企業の第三者承継(M&A)』に特化。
●『会員会計亭務所』と『銀行・信用金庫などの金融磯関』のネットワークを構築しているため、実情や要望にあった適切な『お相手探し』が可能。
●金融機関の系列同業会社が多い中、会員会計事務所の共同出資により創殴した『独立系』コンサルティング会社であるため、中立的な立場で、依頼者の要望を最大限実現できる立場にあります。

日本M&Aセンターホームページ


 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【会計】
バナー【医療】
バナー【労務】