お金に困らないための〜税金の相続対策
お金に困らないための〜税金の相続対策
文書作成日:2019/09/05


 告別式を2回行ったとき、相続税の計算上これらの費用はすべて、葬式費用として相続財産から控除することはできますか?




 先日、兄が亡くなりました。兄は就職してから亡くなるまでA県に住んでおりましたので、告別式はA県で行い、火葬後、兄の地元であるB県でも兄がお世話になった方々に参列していただき、告別式を行いました。

A県…遺影及び遺体を祭り、僧侶による読経とともに、兄の職場や近所の方が焼香等を行う仏式により行った。

B県…B県の参列者の便宜上、遺族の意思により別途執り行ったものであるが、納骨前に行ったものであり、その内容もA県と同様、遺影及び遺骨を祭り、僧侶による読経と共に、参列者が焼香等を行う仏式によって行った。

 このように2回告別式を行った場合、いずれの分も相続税を計算する上での“葬式費用”に該当するのでしょうか?




 今回のA県及びB県で行われた告別式が、いずれも死者を葬る儀式であれば、告別式で要した費用は、いずれも相続税を計算する上での“葬式費用”に該当すると考えられます。




 葬式は、死者を葬る儀式とされており、死者の追善供養(初七日・四十九日・1周年・お別れ会等)とは異なります。

 ご相談のケースの場合には、以下の通りA県及びB県での告別式は、死者の追善供養の為に行われたものではなく、死者を葬る儀式に該当する為、相続税の申告時に、両県での葬式費用を計上できるものと考えられます。


 なお、告別式は親族のみで執り行い、後日友人等を交えてお別れ会等を行うこともありますが、このような会の場合は、初七日や法事等と同様、死者の追善供養の為に営まれるものが多く、相続税の葬儀費用に計上できない場合があります。判断に迷われる場合には、当事務所までお問い合わせください。


<参考>
 国税庁HP:文書回答事例「告別式を2回分けて行った場合の相続税の葬式費用の取扱いについて」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【会計】
バナー【医療】
バナー【労務】