ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2019/12/05


 空気の乾燥が進むと「咳がつづく」「風邪は治ったのに咳だけ残った」など、咳に関するお悩みが増えてきます。今回は、咳を予防するための習慣やのどに良い食べ物などについて、ご紹介します。




 咳は、のどの刺激によって起こりやすいため、日頃からのどのケアをしっかりと行うことが大切です。外出する際には、できるだけ「マスクを着用する」ようにし、マメに「水分を補給」。外出先から帰ったら「うがいをする」ことを徹底し、いつものどをうるおいで満たすことを習慣にしましょう。最近は、しっとり感のあるマスクも販売されているので、のどを守りたい時には、より保湿力のあるものを選ぶのがおすすめ。また、ホコリやダニは咳の原因になることもあるので、お部屋はもちろんエアコンなどもマメに掃除し、清潔な空間を保つようにしてください。




 のどに良い食べ物には、次のようなものがあります。どれも手に入れやすい食材なので、毎日の食事にプラスしてみてはいかがでしょうか?

 「ネギ」…アリシンが殺菌力を発揮する
 「生姜」…ジンゲロール、ショウガオールが血行を促す
 「大根」…アリルイソチオシアネートが炎症を抑制する
 「蜂蜜」…グルコン酸、グルコースオキシターゼが殺菌力を発揮する
 「ゴボウ」…サポニンが炎症を抑制する

 逆に、のどに悪い食習慣としては、お酒や香辛料の摂り過ぎが挙げられます。熱い食べ物も、のどの粘膜を傷つけやすいので注意しましょう。また、一番気をつけたいのが喫煙です。慢性の呼吸器疾患は、喫煙や受動喫煙によって発症すると言われています。




 咳にも、急性のもの、慢性のものなど、いろいろな種類があります。発症から3週間位までの咳が「急性咳そう(きゅうせいがいそう)」、3〜8週間が「遷延性咳そう(せんえんせいがいそう)」、8週間以上を「慢性咳そう(まんせいがいそう)」と分けることができます。
 特に、長引く咳で多いのが、気道の過分泌によって起こる「湿性咳そう」と、のど自体に原因がある「乾性咳そう」です。「湿性咳そう」は、副鼻腔気管支症候群、慢性気管支炎、気管支喘息による気管支漏などが原因で起こり、「乾性咳そう」は咳喘息、胃食道逆流症、アトピー咳そうなどを患っている可能性があります。




 どんな咳が出るかによって、かかっている病気の可能性が探れると考えられています。例えば、「早朝に音が出る咳」は気管支喘息、「胸やけが伴う咳」は逆流性食道炎、「仰向けに寝ると出る咳」は副鼻腔の慢性炎症、の可能性があります。咳が続く場合は、普段からどんな咳が出ているか注意するようにしてみましょう。

 咳をすることは、思っている以上に体力を奪われるもの。咳ぐらいと軽視せず、3週間以上咳が治まらない時には、必ず専門医に診てもらうことをおすすめします。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 グループ業務内容
栃木県足利市本城2-1901-8
TEL:0284-41-1365(代)
FAX:0284-41-1340

 
 
バナー【本部】
バナー【会計】
バナー【医療】
バナー【労務】